シェルティと家族の日記
2匹のシェルティの疑問に思った事や、ハチャメチャなカールと対照的なニャンコに近いセラの愉快な物語です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
動物の勘
kan.jpg
kan1.jpg
みなさんは、帰宅する時に犬はなんで飼い主が帰って来たと分かるんだろう?と、
思った事は、ありませんか?

以前にテレビで、実験していた事があるので、その時の実験を書きたいと思います。

1:時間 いつも同じ時間に帰るので、帰宅時間を覚えているのではないのか?
結果:飼い主にいつもとは時間をずらして帰宅してもらったが、いつ帰っても、犬は
すぐに玄関の前で、ドアが開くのを、待っていた。

2:音 犬は、鋭い聴覚をもっているので、飼い主のくつ音や、話し声を、遠くから、
感じとっているのではないか?
結果:試しに、靴を変えて、なおかつ、いつもとは違う、歩幅で、歩いてもらったが、
結果は、やはり玄関で、待っていました。試しに、違う人に、飼い主の靴を借りて
歩いてもらったら、犬は、家の直前まで来ても、知らん振りでした。声も同様。

3:匂い 犬のもつ鋭い、嗅覚で、飼い主の臭いを、感じ取っているのではないか?
結果:別の人に、飼い主の身に付けているものを着て歩いてもらったが、犬は、
反応しませんでした。

この結果から、犬は、時間や、音、臭いで、飼い主の事を判別している訳では、
無い事がわかります。では、なんで飼い主の事が分かるのだろう?

実は、人の気配を感じ取っている可能性があるのです。
人には、感じる事の出来ない微弱な電磁波を犬は、感じ取る事が出来るというもの
電磁波とは、電気と磁気が、混ざり合って空間を流れるものです。

人は、歩くたびに、帯電と、放電を繰り返しており、その際に、電磁波が生ずる。
地震や、雷が発生する前に、動物が異常行動する事でも、分かるように、犬は、
地震や、雷から発生する、電磁波を敏感に感じ取っていることが分かっている。
結果:犬は、飼い主の電磁波を感知している為、すぐに分かるとゆう事です。
では、飼い主と別の人は、どうやって区別しているかというと、人から発生する
電磁波には、個々のパターンがあり、このパターンで、犬は、区別しているそうです。

人が感じる、気配は、人間が発する固有の電圧の変化や残留電気を、敏感に、
感じ取っているものである可能性が高い。電気の刺激をうけると、体毛が振動して
ゾクッとしたり、皮膚をなにかがかすめたような感覚に陥ってしまう。

新潟の地震でも、地震の前日までいた、ネコが地震後は、一匹も見当たらない
と、書いてありました。ネコは、犬と違って単独行動の為、より本能的な部分を
残していて、事前に、電磁波を察知したのかもしれないですね。

長々と書いてしまいましたが、家の2匹は、未だに家族の事が分からず、誰かが
帰ってくると、『バウバウ!!ヽ(`○´)/』と、威嚇吠えしています。
吠えればいい方で、ほとんど、カールアニキの方が、帰ってきたよーと、教えて
いる感じです。家の2匹は、野生の本能を忘れてしまったのかもしれない・・・(ーー;)
関連記事

テーマ:シェルティ☆大好き - ジャンル:ペット犬ブログ シェルティーへ


byチョノコさん
電磁波を感じているんですか?全く知りませんでした。
人間が後ろに立っている人の気配を感じるのと近いのでしょうか?うちのマックは玄関から入ってくる人は大抵吠えるのですが、たまに私が入ってくるのを予知したかのように、静まりかえって出迎えるときがあります。
そんなときは心が通じ合えたみたいで、心の底から嬉しくなります。

byカールアニキ
人が歩く時に出来る、電磁波のパターンを犬は、覚えていて、飼い主のパターンを覚えているといった感じですね。
マック君賢いですね。家は、たま~にしか、気がつきません。

コメント
この記事へのコメント
電磁波を感じているんですか?全く知りませんでした。
人間が後ろに立っている人の気配を感じるのと近いのでしょうか?うちのマックは玄関から入ってくる人は大抵吠えるのですが、たまに私が入ってくるのを予知したかのように、静まりかえって出迎えるときがあります。
そんなときは心が通じ合えたみたいで、心の底から嬉しくなります。
2007/07/31(火) 17:01:08 | URL | チョノコさん #-[ 編集]
人が歩く時に出来る、電磁波のパターンを犬は、覚えていて、飼い主のパターンを覚えているといった感じですね。
マック君賢いですね。家は、たま~にしか、気がつきません。
2007/07/31(火) 18:25:37 | URL | カールアニキ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sheltiediary.blog100.fc2.com/tb.php/134-5bd28e74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。